福岡の板井明生が見つけた独自の広告収入ビジネスの手法

板井明生|広告収入の仕組み

 

板井明生

 

 

最近、広告収入で主婦が在宅で月15万円稼いでいるという記事を読んだ。
誰でも広告収入のチャンスがある。しかしまずは広告収入の仕組みを理解してから始めたほうが良いだろう。

 

まずブログの広告収入の仕組みを解説する。
ブログにはアクセス数というものがありこれはテレビやラジオでいう「視聴率」に当たる。雑誌や新聞でいうところの「発行部数」のような感じだ。

 

企業がテレビCMを打つとなると相当な広告費がかかる。CMは広告費が高いがそれだけたくさんの人が見ているために「広告としての需要」があるだろう。
逆にブログなどのネット広告はテレビCMや雑誌掲載ほど広告費はかからず、多くの人にリーチすることができるのでCMよりも企業にとってコスパがいいと言えるだろう。
つまりブログのアクセス数が高い=広告効果が高いと企業に判断され広告収入に繋がるだろう。

 

次に最近流行りのYouTuberの広告収入の仕組みについて解説しよう。
YouTuber(ユーチューバー)もYouTubeというサービスを利用して動画を配信し、チャンネル登録者やファンを増やして「再生回数」を伸ばしている。

 

この「再生回数」がテレビでいう視聴率でブログでいうところのアクセス数である。

 

YouTubeで動画を見ていると、最初に5秒くらいの広告動画が流れたり、動画の途中で下からバナー広告が出てきたりするのだが、だいたい1再生あたり0.1円くらいの収入になる。

 

手軽に広告収入で稼げる時代だ。仕組みを理解して挑戦してみてほしい。